11/19(土) 山元町活動報告 From Nine

8:00~貸家の解体開始
8:00~貸家の解体開始

今日は先週、先々週に続き、貸家(4棟)の解体とせいこ姐宅の床下泥出し。

今日は10名+源さんでの活動。

 

せいこ姐宅の泥出しが9:00からで時間がもったいねぇ~から、 9:00近くまでは貸家の解体を8:00頃から全員で実施。

1分ありゃ、釘の一本でも抜けるからな。

釘一本でも!
釘一本でも!

9:00近くになったら、活動メンバー5人を残し、6人でせいこ姐宅へ!!

床板剥がし
床板剥がし

せいこ姐宅は初めて草刈・泥出しを行った、Nineにとっては、山元町活動発祥の地。

 

今回は解体範囲を最低限に抑える為、和室の床板を三枚だけ剥がし、そこから床下へ!!

初の試みの泥出し。

 

まぁ、何とかなるべ♪と、相変わらずの適当さでいくぞ!!

キッチンからも養生をしっかっり
キッチンからも養生をしっかっり

キッチンの床下収納からも床下泥出し!!

このまま住むかもしれねぇ~んだ。

養生もちゃんとやって、傷・汚れは最小限に。

行きます
行きます

床下に潜る!!

中は汚泥がびっしり。

 

暗い!!

狭い!!

恐い!!

ずっとこの姿勢・・
ずっとこの姿勢・・

活動風景。

床下は40㎝位か?

 

1時間も潜っていると、マスクの表面は煤だらけ。

ゴーグルも曇りやがって・・暗い。

環境はめっちゃくちゃに悪かった。

 

女の子も、嫌な顔も見せずに潜って、皆で泥出し。

 

寝返りなんて出来ねぇし、とにかく暗い、狭い。

写真はフラッシュのお陰で明るいけどな。

 

カマドウマ(コオロギ)もぴょんぴょん跳ねてて、こりゃ、しんどかった。

 

それでも活動メンバーは笑ってたぜ♪

誰かの役に立てる活動をするってことは、どんなに苦しくたって、嬉しいもんなんだ。

 

その後に、家主さんの笑顔が待ってるからな。

 

でも、床に泥が入っても、全部を剥がす必要はねぇ~んだ。

こうやって、一日だけボラが歯を食いしばれば、家主さんの負担はうんと減る。

 

100万の負担が、10万位で復旧出来る。

 

新築なら、100万かけたって良いだろう。

 

でも、築10年、15年、20年と経ったお宅は、下手をしたら、後、5年~10年も住めれば良いと思っている家主さんだっている。

 

俺らの助言次第で、家主さんの負担はうんと変わるね。

 

15:00前に泥出し終了。

後片付けをして、貸家へGO!!

 

(報酬:家主さんの笑顔GET)