10/27(木) 亘理町・山元町活動報告 from Nine

写真の引き渡し会場
写真の引き渡し会場

今日は久しぶりの山元町入り。

先週は山元町入りを結石で欠席・・

ん、まぁいいや、なので、実に2週間振りの山元町入りとなった・・

平日なんだけど、会社を休んで、千葉県県議会議員のプリティ長嶋先生の視察の立会に参加。

前から何どか県議の先生の話をしたと思うけど(したよな・・?)、それが実はプリティ長嶋先生。

先生は海外でのボランティア活動をされたり、発災当時も福島県の相馬市へ自身の車で物資を届けられたり、めちゃめちゃ現場主義のお方。

今回も知人の紹介でお会いさせていただいてから、即、山元町入りのご決心をいただき、本日、実現。

こう言った、力のあるお方が、生の被災地を見て、感じて、そして活動にご尽力いただける。

とても有り難いよね。

現地入りすらしない、他の議員、世のおっちゃん、おばちゃん、若者・・に見習って貰いたい。

 

先生とは、亘理駅と言う、山元町より北にある町の駅で待ち合わせ。

山元町内にある常磐線は、まだ復旧してないからさ。

線路を山側に動かすからって理由・・

わかるけど、臨時でも仙台市内に行けるように、山下駅までは線路復旧しようや?

どう考えたっておかしいだろ?

仮設住宅って言葉があるのに、何で仮設鉄道があってはならんの?

仮設住宅に入ったら、自立と言う名で、支援は止まるじゃね~か。

なのに、何で仙台市内に通勤している方の移動手段を確保しないんじゃ?

山元町で仕事が無いなら、仙台市内(40分位)で職場を探して、山元町から通えるようにするべきじゃね~の?

お陰で町外への町民流出に歯止めがかからない。

 

死ぬぞ。この町(町の素晴らしい文化がね)。

 

とまぁ、いつも愚痴っちゃうけど、やっぱ復旧はまだまだなんだよ。

わかって欲しいな・・

 

先生と午前中は亘理町を視察。

俺は何度か見てるけど、先生が見たいって言うんだから行くしかないっしょ。

 

一枚目の写真は亘理町の津波で流された、写真の引き渡し会場。

皆、それぞれに歴史があって、俺らの当然知らない歴史が、ここに沢山眠ってた・・

一枚、一枚の写真を見る度に、この方は無事だったのか?って考えさせられちゃうな。

嫌な場所、嫌いな場所に認定。

 

被害に遭われた方は、ここに来たくないって方もいるらしい。

幸せだった頃を思い出すと、辛いからって・・

過去も捨てなきゃいけない人がいる。

これも震災。

今にも営業出来そうな感じ・・
今にも営業出来そうな感じ・・

 

その後、荒浜地区に移動。

ここは津波で壊滅した町。

 

唯一、残っている建物。

今でもお客が来るのを、静かに待っているみたいだったよ。

山元町で唯一残った船
山元町で唯一残った船

その後は山元町に戻り、昼食後に、プリティ先生、町議の先生2名、復興委員の方、源さん、せいこ姐ご夫婦、俺とで現状の説明・確認、問題点等を、立ち話。

 

それから町内の津波被害地を車で移動・・

実は俺、山元町の津波被害のあった南側(坂元地区・磯浜地区)には入った事がない。

立ち入り禁止区域だったからさ。

でも普通に入れたわ(笑)

 

写真は撮れなかったけど、酷いわ・・

何んか、見たくない光景ばっか。

 

町がすっぽり無くなってた。

 

写真は町で唯一残った漁船。

 

あ~!!

いつも来る度に思う。

今日も来なきゃ良かったよ!!

 

このまま、帰れねぇ~だろ!!